親知らず抜歯,抜歯後体験談(右上

親知らず抜歯の治療費(料金)(右上)

親知らず抜歯にかかった治療費(料金)を洗い出してみました。

ちなみに、歯列矯正のため、という理由にすると保険の適用対象外に
なってしまうので、別の案件として処理しています。
保険を適用させると3割負担で済むので、非常に大きいのです♪

★親知らずデータ★
 抜歯手術時間:60分
 親知らずの状態:奥が深い、サイズ大
 縫合:5針

交通費 ¥1080
親知らず抜歯事前説明 ¥170

親知らず抜歯 ¥8720
親知らず抜歯後のお薬(薬局) ¥710

親知らず消毒(一般歯科) ¥870
親知らず抜糸(紹介された病院) ¥170

合計料金 ¥11720

複数種類の鎮静剤を投与したことで、
抜歯手術の治療費(料金)が高くなったそうです。

右下のときと比べると、消毒の治療費(料金)が段違いに安いです。

親知らず抜糸と痛み、腫れ(右上)

地元の歯科ではなく、口腔外科まで行きました。
縫い方が複雑だった、のかな?

「見えね」と言いつつ、器用に抜糸してくれました。
時間にしておよそ5分弱。

右下のときに血だらけで痛い思いをしつつ抜糸したのは
何だったんだ?ってぐらい、すんなり抜けました。

やっぱり、抜糸の仕方が上手いんだなぁ。
自分で縫ったんだから、と言うのもあるのかも知れませんが、
ほとんど痛みを感じることも無かったです。
抜糸後のうがいでも出血なし。

口腔外科を出る頃には違和感も無くなり、腫れも無しでした。
これで、私の親知らず抜歯騒動は全部片付きました♪

成人歯列矯正治療の幕が上がるのも、もうすぐです。

親知らず抜歯後の痛み(右上)

親知らず抜歯当日にクスリを飲んで3時間で痛み出したときには
焦ったものですが、ほとんどそれだけでした。

抜歯後翌日、抜歯後翌々日は活動を自粛してクスリもちゃんと
飲んでいましたが、親知らずの痛みは全く無かったです。

3日目からは、たぶん大丈夫だろうという手抜き感が漂っていて、
外出も全然問題なく出来るレベルにまで回復してました。

さすがに、歯ブラシをあてると痛みはありましたが、
そのぐらいでしょうか。
ほっぺたを触ってみたときも、少し痛みはありました。

やはり、上の親知らずだから下の親知らずよりもラクだったのかな??

親知らず抜歯後の食事(右上)

親知らず抜歯当日・翌日は食事を自粛したような感じで
おかゆだったりスープだったり、野菜ジュースでしたが、
クチが普通に開いたので、多少無理をすれば
親知らず抜歯当日から普通に食事を摂ることは可能です。

抜歯後3,4日目はほぼ普通食、5日目は外出して
食欲の秋を満喫できました。
http://mykakei.seesaa.net/article/54645582.html

親知らず抜歯後の食事は、上の歯と下の歯で大きく違うところだと思われ
ますので、両方の記事をチェックして参考にしていただけると幸いです。

親知らず左下抜歯後の食事
http://hagakirei.seesaa.net/article/45983410.html
親知らず右下抜歯後の食事
http://hagakirei.seesaa.net/article/50479657.html

親知らず抜歯後の腫れ(右上)

右上の親知らず抜歯後の腫れは・・正直ほとんど無かったです。

3日目に、少し腫れてるな、って自分でわかったぐらい。
5日目に人に会ったときには、分からない、と言われました。

親知らず抜歯後の違和感という意味では、
抜糸するまで(一週間ぐらい)はありました。

腫れに関してだけでもないですが、
上と下の親知らず抜歯のダメージの違いは大きいようです。

親知らず抜歯後の消毒(右上)

今回の親知らず抜歯後の消毒は、
親知らず抜歯翌日、2日目、4日目の3回でした。

右上以外の歯磨きは、2日目からできました。
右上に歯ブラシあてるようになったのは、5日目からです。

2日目の消毒の時点でほとんど痛みも無かったし、
治りも順調だったみたいで、今回はラクでした。

やっぱり、下の親知らずと上の親知らずの違いかなぁ??
どのぐらい治りが早くなるのかは不明ですが、
親知らず抜歯後の消毒は虫歯を防ぐ意味でも大事なんだと思います。
たぶん。

親知らず抜歯後の翌日(右上)

4:30 起床。
親知らず抜歯当日、寝すぎたことが原因と思われる(自爆)

クスリは毎食後に飲んでください、ということでしたが
過去の経験から、大体8〜9時間後に痛み出すだろうということで
ちょっと食べて朝食ということにして、クスリを飲む。

この時点では、痛みまったく無かったです。
親知らずを抜歯した感覚も無かったです。
腫れてる感覚も・・まったく無かったです。

この程度なら、明日から活動できるんじゃ、と思ったほど。

10:00 歯医者さんに消毒へ。
過剰歯だったらしい、という説明を受けました。
過剰歯とは、1ヶ所から2本の親知らずが生えていた、ということです。
そりゃまた、珍しい。

レントゲン画像には映ってなかったけど、すごく奥深かったみたい。
大きさはそんなでも無かったのかな。
たぶん抜歯してないんだろうな。

親知らず抜糸の際に病院のほうで詳細を聞いてきます。

14:00 クスリを飲む。
特に痛みはなかったです。

21:00 クスリを飲む。
特に痛みはなかったです。

・・このままいっちゃうんじゃ、ないだろか?
明日の朝起きて、痛くなかったらクスリ飲むの止めようかな。

今回は下の親知らずのときと違ってクチが開くので、
晩御飯はほぼ通常モードです♪

親知らず抜歯後の歯の保存方法(右上)

抜歯した親知らずの保存方法は、右下、左下のときと同じですが、
今回は横倒れでは無かったので、歯が砕けてなく、大きいの1個です。

親知らず保存方法

ちゃんと、歯の形をしています。
※グロい画像でごめんなさい

血がついてますが、水で洗えば大体落ちます。
一部落ちないですけど、乾燥させてしまえば目立たなくなります。

画像からは分からないですが、親知らず抜歯手術中にゴンゴンやった
と思われるところ(親知らずのヨコの部分)が凹んでいます。

で、肝心の親知らずの保存方法はと言うと、まず水洗い。
シュッシュッと歯に洗浄液を吹きかけて、自然乾燥。
歯が完全に乾いたところで、瓶に詰めて保存完了。

一番シンプルな保存方法なんじゃないかなぁ?と個人的には思ってます。
抜歯した親知らずを保存しておく意味が分からない、と言う人も
多いかと思いますが、私の中では大事な記念なので、取っておきます♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。